港南台道場ホームへ 極真カラテ港南台道場のご案内 横浜港南台道場入会案内 極真カラテ港南台道場の指導員 港南台道場の設備 極真空手港南台道場ブログ 港南台道場へのお問い合わせ
MENU
道場案内
横浜港南台道場入会案内
指導員の紹介
横浜港南台道場の設備
大会情報
極真空手港南台道場のスケジュール
横浜港南台道場アルバム
港南台道場 道場生の紹介
横浜港南台道場のブログ
リンク
横浜港南台道場へのお問い合わせ

道場案内
道場案内
横浜市港南区港南台
9-23-11 3F
TEL045-835-5158
>> 地図を表示
指導員
道場責任者の井上です!
こんにちは!
道場責任者の井上です。
当道場では理想の
「心・技・体」を目指し、日々の稽古に励んでいます。

>>責任者あいさつを読む

>>ブログを読む

港南台道場 設備紹介

極真空手港南台道場では各種トレーニング機器も完備しています。
特にイチオシはこちらのバイパーロープクライマー! → → →

要は綱のぼり機です!
綱のぼりトレーニングが道場内で出来ます!
落下の危険がなくて安全!各自の体重に合わせて調整できますので誰でも気軽にトレーニングすることが出来ます。

バイパーロープクライマーについて詳しくはこちらへ>>

動画で観てみる>>

バイパーロープクライマー

誰もが一度は経験したことのある「綱のぼり」。実は「握る」「引く」「姿勢を維持する」などの動作を含む、極めて優れた上半身エクササイズなのです。
しかし、運動から遠ざかっていた人にとっては至難の業。バイパーロープクライマーなら体重に関係なく、どなたでも安全にロープクライミングを楽しむことができます。
「握る」それはすべての基本
スポーツ、武道から日常生活にいたるまで「握る」という行為は基礎となります。ロープクライミングでは正しく、しっかり握ることが求められるため、この基礎を固めます。
武道や格闘技の世界で小指の重要性は広く認知されていますが、ロープクライミングにおいても同じ。小指までしっかり鍛えられます。 サムレスグリップ(親指を使わない)は不可能。
また、ストラップを使用することも出来ないため本当の握力が養われます。
腕が肩より上にあるときは、上腕二頭筋、前腕、後背筋が総動員されています。
腕を下から上に持ち上げるのは肩の筋肉(三角筋)の役目
背筋(体幹)が真っ直ぐ保たれなければロープクライミングを続けることは出来ません。そのために必要な腹筋・背筋も鍛えられます。
腕を下方に降ろすに従って広背筋だけでなく、大円筋も刺激されていきます。
腕が肩より上にあるときは、上腕二頭筋、前腕、後背筋が総動員されています。

動画で観るバイパーロープクライマー

ロープクライマーは座った状態で足を浮かせてトレーニングします。
座っている部分がフワフワ動いているのが分かるでしょうか?
手を止めてしまうとこの座っている部分がカタンと下へ落ちてしまいます。
下へ落ちてしまわないように頑張って上へ上へと登っていくようにロープを手繰り寄せていきます。
「今日は30メートル登ろう!」「今日は5分間昇り続けよう!」
といった設定をすることもできるので、目標を決めてトレーニングすることができます。

HOME道場案内入会案内指導員道場設備大会情報スケジュールアルバム道場生紹介ブログリンクお問合せ
Copyright c 2009 kyokushin Kounandai.All rights reserved